2013年11月20日

橋爪鶴麿『祷りの木』・・・

橋爪鶴麿『祷りの木』vol.1

句集名は次の句から、

   滾るものあり日盛りの祷りの木      鶴麿

その滾るものとは、世の、人間(じんかん)の理不尽さに、過去も現在も滾るのである。そう読める。

もちろん、著者が「あとがき」で記す「まぎれもなく、あの八月六日の広島への原爆投下への思いのこもったものである。それはまた今回の福島での事故への思いともなり、深い鎮魂の情と、自然・人間への畏怖と哀しみの念に満ちた一本の木に擬した」ことももちろん。が、それだけではないものが読者には伝わるのである。そして、この一集は2011年をもってひとつの区切りとして巻を閉じる。

   救いはいつも神の手の内霜柱

   耐うること強いられていて葱きざむ

   異国には長き騒乱風心地

   国敗れし日や夾竹桃猛り咲く

   千羽鶴吊りても寒き羽根拡ぐ

   死を軽しと言いし日ありぬ冬欅

   急くこともなきが急ぎて花の散る

   声に出さぬ祷りの言葉石蕗の花

   新樹光ノート白紙のままに閉ず

   内灘は既に遠い日汗のシャツ 

いくつかの句を上げさせていただいたが、最後に上げた「内灘は」の句は、当然ながら、古沢太穂の「白蓮白シャツ彼我ひるがえり内灘へ」の句を負っていると思われる。石川県内灘の米軍基地闘争を背景にした句で、かの闘争の時代も去り、太穂もいまは亡い。

それでも、滾るものはある。

「『生きるたしかめ』としての内面描写を掲げる橋爪鶴麿の今後も、さらにあるのである。

橋爪鶴麿『祷りの木』vol.2

 閑話休題・・・

私事ながら、愚生は「俳句界」を辞すこととなりましたのので、このブログも今日が最後となります。

弊社のみならず、皆様には大変お世話になりました。お礼申し上げます。

有難うございました。

大井顧問、本当にお世話になりました

| コメント(0)
2013年11月18日

岸本マチ子『吉岡禅寺洞の軌跡』・・・

『吉岡禅寺洞の軌跡』vol.1

  天の川この秋の客誰々ぞ     禅寺洞

本書は、岸本マチ子が代表を務める俳誌「WA」に1999(平成11)年6月~2007(平成19)年3月まで8年間連載されたものに加筆修正を施した著作である。氏には、すでに労作で著名な『海の旅-篠原鳳作遠景』の一本もあり、その鳳作を世に送り出した新興俳句の牙城のひとつであった禅寺洞「天の川」のことを執筆するのは、ある意味当然のなりゆき、あるいは運命のようなものだったにちがいない。

そして、この書物が、禅寺洞の軌跡のみならず、いや、むしろ、禅寺洞「天の川」を駆け抜けて行った俊秀の俳人たちに多くの筆を費やしているのが、実に興味深い。それは、愚生がこれまで、不明にして、その俳人の作品も経歴にも暗い作家も収録しているからである。例えば、末吉麦門冬(ばくもんとう)、また、北垣一柿など、そのほか「天の川」を駆け抜けた人々のラインナップは、篠原鳳作、竹下しづの女、杉田久女、日野草城、西東三鬼、芝不器男、内田暮情、神崎縷々、横山白虹、棚橋影草、阪口涯子、片山花御史である。

      月の方へ蔭の方へと踊りけり       麦門冬

      落日が子等の手足をよごしたる      一柿

      昏き夜ぞ琥珀のチェロのはじかれし   影草

終章は「口語俳句の未来へ」と題して、禅寺洞(銀漢亭)の辞世の句をあげている。1961(昭和36)年3月17日、亨年73、の生涯だった。

      季節の歯車を

      早くまわせ

      スイートピーを まいてくれ      禅寺洞

サザンカ↓

サザンカvol.2

| コメント(0)
2013年11月 9日

第23回ドゥマゴ文学賞授賞式・・・・

第23回ドゥマゴ文学賞vol.1

松本健一×恩田侑布子↑

昨日、11月18日(金)、東京・澁谷BunkamuraB1F特設会場に於て、第23回ドゥマゴ賞の授賞式が行なわれた。受賞作は恩田侑布子著『余白の祭』(深夜叢書社)である。

ドゥマゴ賞は、パリの「ドゥマゴ賞」のユニークな精神を受け継ぎ1990年9月3日にBunkamuraが創設した賞で、既成の概念にとらわれることなく、先進性と独創性、かつアクチュアリティーある新しい文学の可能性を奨励するために、前年7月から当年7月までに出版された本に与えられる賞で、「一人の選考委員」によって選出される。

今年の選考委員は松本健一氏(来年は伊藤比呂美氏)で、記念対談も松本健一×恩田侑布子で授賞式に先立って行なわれた。

会場には、文芸・マスコミ界の150名以上で溢れ、芳賀徹、宮坂静生、川名大、角谷昌子、藺草慶子、小林貴子、澤好摩、前田弘、対馬康子、齋藤慎愼爾、星野高士、筑紫磐井、行方克巳、中西夕紀、瀧澤和治、渡辺誠一郎各氏など多くの俳人もお祝いに駆けつけた。

(愚生は、約40年ぶりに荒川洋治氏に会うことが出来た)。

授賞式のあとには、恩田侑布子氏が自身の俳句を朗読し、その舞台度胸と美声が会場を包み込んだ。来年はパリにも招待されるらしい。

第23回ドゥマゴ文学賞vol.2

 恩田侑布子は俳人としては初受賞だった(これまでも、赤坂憲雄、平野啓一郎、金原ひとみ、久世光彦、飯島耕一、川上弘美、吉本ばなな、町田康など錚々たるメンバーが受賞している)。

   石抛る石は吾なり天の川      侑布子

桂の木↓

第23回ドゥマゴ文学賞vol.3

| コメント(0)
2013年11月 4日

伊能 洋個展・・・

伊能洋個展vol.1

 10月29日(火)~11月3日(日)まで、'13伊能洋個展が東京・銀座アートホールで会開催された。

伊能氏は、先般小社より句集『紫陽花の湖(うみ)』を出版されている。本職は洋画家である。

「山暦」(主宰・青柳志解樹)での句歴も30年にも及ぶ。

   枯れてなほ紫陽花にある湖の彩    洋

俳句に手を染められたのは、それより遡ること8年「獺祭」同人樺山草雨のてほどきよるというから40年も近かろう。

俳号は洋(よう)、画家は本名で洋(ひろし)と称されている。

伊能洋個展vol.2

伊能洋個展vol.3

 今回の個展は「ひとのかたち」連作Xと、句集に因んだ「紫陽花の湖」連作。

「ひとのかたち」連作Xは、三部作ともいうべきYesterday/Let it b/Imajineの各作品は、その曲名がタイトルになっているビートルズを聞きながら制作されたという。

一方、「紫陽花の湖」連作は、句集の各章題にちなんで、「鶸(ひわ)の章」「山吹色の章」「空色の章」「鴇(とき)色の章」「枯色の章」と名付けられていた。

そのほか、「古都逍遥」シリーズ、「東京断章」シリーズとあって、これまで隔年で個展を開かれてきて、今年は第26回目の個展ということであった。

訪ねた日が土曜日とあって、多くの方々が伊能氏の絵を観に来られていた。

    秋の夜青を重ねて人を描く     洋

 青柳志解樹・「山暦」主宰の序文には、洋氏の「母恋の句には真情がこもっていて胸を打たれると記している。

       献体の遺骨返る

   母を納め墓石に注ぐ春の水

   空蝉や整理進まぬ母のもの

   つゆ子の忌句姿の素直を今更に

母・つゆ子氏も俳人で「山暦」の同人だった。

楷(とねりばはぜのき)↓

伊能洋個展vol.4

| コメント(0)
2013年10月27日

第50回現代俳句全国大会・・・

第50回現代俳句vol.1

左より宇多喜代子・近恵・山田征司・大竹照子・星野昌彦・照井翠・宮坂静生各氏↑

 

10月26日(土)、東京上野・東天紅で、第50回全国俳句大会が開催された。

当日は、台風27号、28号の直撃も心配されていたが、運よく午後には晴れ間も見える天候となり、無事開催された。

記念すべき第50回大会の実行委員長は加藤瑠璃子氏。また、第31回現代俳句新人賞・近恵、第33回現代俳句評論賞・山田征司、第14会年度作品賞・大竹照子、第68回現代俳句協会賞・星野昌彦、同特別賞・照井翠各氏の表彰が行なわれた。

大会作品の全国大会三賞作品は、

     ・大会賞  雑煮食うも骨をひろうも箸の国   大分県 河野輝暉

           花茣蓙に毀さぬように母を置く   熊本県 北野昭夫

 ・毎日新聞社賞 いるだけでいい父がいる夏座敷   埼玉県 尾堤輝義

なお、大会司会は、若き神野紗希氏。

柳田邦男氏↓

柳田邦男氏vol.2

記念講演は「深い深い言葉の源を探して」と題して柳田邦男氏。氏は折笠美秋「微笑が妻の慟哭雪しんしん」や高野ムツオ「春光の泥ことごとく死者の声」などを引きながら、「いのちの危機とことば」「いのちを映す言葉」のよってきたるところを説き、アウシュビッツから生還したフランクル「夜の霧」から「それでも人生にイエスと言う」で人生を肯定して生き抜くことを語った。

ドナルド・キーン氏↓

ドナルド・キーン氏

また、ドナルド・キーン氏が現代俳句大賞受賞式に前回はアメリカにいて出席出来なかったからとわざわざ挨拶に見えた。

次回の大会は名古屋で行なわれる予定、実行委員理事の永井多美子氏がその成功への協力を訴えて閉会した。

中央・永井江美子氏↓

中央・永井江美子氏

5時からの懇親会、さらに愚生は久しぶりに二次会まで、宇多喜代子、高野ムツオ、照井翠、新人賞の近恵、さらに青年部部の橋本直、田島健一、神野紗希各氏などとお付き合いし、久しぶりに年甲斐もなく午前様となった。

第50回現代俳句vol.2

| コメント(0)