2010年10月12日

BIG対談

img101012.jpg10月10日(日)東京駅そばのホテルメトロポリタン丸の内で、金子兜太、稲畑汀子さんの対談を収録してきました。

今さら説明するまでもありませんが、金子兜太さんは「海程」主宰、前・現代俳句協会協会会長、日本芸術院会員、文化功労者であり、現代を代表する俳人。

今、もっとも有名な俳人と言っていいでしょう。

稲畑汀子さんは高濱虚子の孫であり、「ホトトギス」主宰、日本伝統俳句協会会長です。

このお二人が現代の俳壇のBIG2と言っていいでしょう。

 

当日は新幹線がストップしてしまい、兜太さんの到着が遅れる、というハプニングがありましたが、対談は喧々諤々で、面白かったです。この対談は新年号(12月25日発売)に掲載予定。

 

このお二人、最初は互いを気遣い、穏やかだったのですが、途中から罵りあい(?)のような雰囲気になり、進行の私はハラハラし通し。

お二人とも意見を認め合わず、終わりごろには私に同意を求めてくるので、あちら立てればこちら立たず、で困りました・・・。

まあ、お二人からすれば、いつものことなのでしょう。

最後に金子さんが、

 

やっぱり一年に一度はあなたと喧嘩しないとすっきりしねえや

 

と笑っておられたのが印象的でした。

 

| コメント(0)

コメントする