2010年10月29日

坂間恒子句集「硯区」

1010_suzuri.gif

「硯区」は「すずりく」と読みます。

実在の場所というわけでもなさそうですが、坂間さんの住いの近くにそれらしい所もあるようです。

幻というほどでもなく、幻に近い何か。

手の届きそうで、手の届かないところ。

虚実皮膜の場所でしょうか。

坂間さんにとっては第三句集です。

最初は「玄火」の嶋野國夫に師事され、師の逝去によって「玄火」を退会され、「豈」(発行人・筑紫磐井)同人、さらに、最近では「遊牧」(代表・塩野谷仁)の同人にもなられている。

これまでにも、阿部完市「現代定型詩の会」や牧冬流「飛沓舎」にも所属されていたことがある。

言ってみれば、現代俳句の最前線に常に身を置いてきたことは確かです。

   黄梅や縄文人は潤せり

   かりがねは音楽的に水を飲む

   一本の歯ブラシが立つ外は雪

 以上の句は、坂間さんの友人・中西ひろ美の10句選から拾ったもの。

   水の表皮へ落花一片を彫る

 は、句集帯からの拝借。

 さて、「硯区」って、ほんとはどんな句集だろう?

 読者の感想が聞きたい。

| コメント(0)

コメントする