2010年12月24日

『超新撰21』竟宴シンポジウム&パーティ

 

超新撰21

12月23日(火)、天皇誕生日。よく晴れた日。

外は冷たい北風が吹いていたが、会場になったアルカディア市ヶ谷では、200名近くの若き俳人たちの熱気に包まれていた。

シンポジウムのテーマは「定型 親和と破壊」。

壮大なテーマだが、若い人たちには、これぐらいの気宇があってもいい。

第一部は筑紫磐井が司会、もはや若い世代を相手にすると重鎮?に等しい高野ムツオ、そしてこの世代ではエースとでもいうべき小川軽舟、『新撰』の編纂委員・対馬康子、先ごろ無季俳句を作ってみせた鴇田智哉各氏のパネルデスカッション。

「『新撰21』『超新撰21』に見る俳句定型への信と不信」をめぐってのヤリトリであったが、最後に高野 

ムツオが、「この自由な多様性のなかに、死にかけている俳句の、再度の輝きが訪れるかもしれない。そして、われわれ戦後生まれ世代の予測不可能なものでなければ、未来は拓けない」とまとめていたのが、印象的だった。

第2部は、関悦史節?の司会に向かないことを証明した司会で、現代川柳作家の清水かおり、俳句はリアルな肉体だいう柴田千晶、この世代の「ほぼ150人150句」をまとめた上田信治、海洋学者にしてすでに2冊の句集を持つドゥーグル・J・リンズィー、ひたすら、芭蕉。蕪村の句に学び過去志向のロマン主義を追い求めている高山れおな各氏による「君は定型にプロポーズされたか」という俳句の神に愛されているかのどうかの右往左往の論議になった。

いずれにしても、俳壇からの逆風、宇多喜代子や片山由美子に「若い俳人をそんなに甘やかしたらダメよ」というお叱りをものともせずに、パワーに溢れていることだけは確かな会であった。

「俳句の歴史は常に新人によって創られてきたし、甘やかされてこそ俳人は育つ」と言明した筑紫磐井の言葉は受けてとめても悪くはなかろう。

新しい俳句は、常に新しい読み手によって、生き延びてきたのだから・・・

ともあれ、その会場で、わが社より第二句集『洛南』を上梓した妹尾健氏に会えたことと、さらに来年早々にも句集『浮力』を出版される関根誠子さんにお会いできたのは、嬉しいことであった。

また、わが社の第二回北斗賞選考委員になっていただいた星野高士氏は「前衛俳句と争っているヒマなんかない。伝統のなかでの激しい戦いの最中なのだ」と会場を笑いの渦に巻き込んでrいた。

因みに第二回北斗賞の告知は「俳句界」2月号(1月25日発売予定)で、第2回の選考委員は、星野高士・小林貴子・仙田洋子各氏。応募締め切りは5月31日。   

                                       

超新撰21その2

 

 

 

 

 

 

| コメント(0)

コメントする