2011年3月28日

花韮?

 

いつものことながら、「俳句界」が発売されると、会社近くの芳林堂書店高田馬場店に行って、チェックする。

その途中で咲いていた花韮?(実は確信がもてない)があまりに美しく咲いていたので、パチリ。

花の名前合っていますでしょうか?ね・・・・

ところで、「俳句界」4月号は面挿しでしたが、すでに1冊しか残っていなかったので1冊はすで売れていますね(たぶん、毎月の入荷は2冊)。

で、写真にもあるように、となりに「短歌現代」4月号が「現代短歌の文体」特集をしていたので、手にとってめくると、わが「俳句界」編集長・林誠司の俳壇時評が載っているいるではありませんか。

編集長同門先輩格の・大木あまりの読売文学賞受賞について記してあった。

聞けば、連載だそうですから、今後も乞うご期待!です。

芳林堂書店へは5月号「夭折の俳人」の参考資料にと、ついでに住宅顕信『未完成』(春陽堂書店)を求めに行ったのだが在庫なしだった。5月号(4月25日発売予定)はたぶん総合誌では、初お目見えだと思うが、顕信の遺児(住宅春樹)が父を語る筆を取っている。お楽しみに・・・。

| コメント(0)

コメントする