2011年4月22日

11・8(火)は文學の森・感謝祭・・・

 これまで、山本健吉文学賞と俳句界評論賞の贈賞式は5月頃に行われていたが、今年から、つまり第11回山本健吉文学賞は、俳句部門と評論部門に新しく衣替えをして、第13回俳句界評論賞と第1回北斗賞も合同で、かつ、読者、執筆の先生方への感謝祭のなかで、贈賞式も行うことになった。

 因みに、俳句部門は加藤郁乎『晩節』、評論部門は岩岡中正『虚子と現代』、俳句界評論賞は、依田善朗「横光は波郷に何を語ったか」であり、第1回北斗賞の川越歌澄『雲の峰』は今月下旬に句集として出来上がる予定である(もうすぐ)。

その感謝祭の日時・場所は11月8日(火)午後4時から午後7時まで、第一ホテル東京シーフォート(天王洲アイル)です。皆さんのご参加を楽しみにお待ちしている。

F1000188チューリップ.jpg

| コメント(0)

コメントする