2011年4月 8日

本日・釈迦の誕生日・・

 

4月8日は釈迦の誕生日、仏生会(ぶつしょうえ)、降誕会、灌仏会、これを記念して花祭、甘茶の日でもある。

  灌仏やふぐり包みて佇ちたまふ     阿波野青畝

  仏母たりとも女人は悲し灌仏会     橋本多佳子

  仏生会鎌倉の空人歩く          川崎展宏

  胎内に母音のこだま花祭         橋口 等

因みに、山本健吉は「昔は陰暦で夏の季語であった。近年花祭というのは、浄土宗で言い出し、子供中心の祭にふさわしいので一般に用いられるようになったもの。花時の感じが強いが、花御堂の花は元来躑躅、卯の花などを用いたのである。『毛吹草』『初学抄』『増山の井』以下の連俳書に、季題として掲げられている。芭蕉以下、古句は夏の句として味わうべきである」(『基本季語五〇〇選』)と述べている。

古句として上げられているのは、

  灌仏の日に生れあふ鹿の子かな     芭蕉

  花御堂月も上らせ給ひけり        一茶

  雲のあゆみ水の行くかたや仏生会    白雄

 昨夜、わが編集部は印刷所へ、5月号の入稿を済ませ、墨堤に出かけ、5月号魅惑の俳人・木歩の句碑がある三囲(みめぐり)神社に訪ねたが、あいにく夜は、門扉が閉ざされていた。墨堤の桜は満開、しかし、自粛のため、ライトアップもされおらず、夜桜見物の人もいなかった。閑散とした桜、スカイツリーが望めたのが慰めだった。反対の空には三日月が風に吹かれていた。

 img110408b.jpg

| コメント(0)

コメントする