2011年5月17日

河内静魚先生・尾崎人魚さん来社・・

河内静魚先生・尾崎人魚さん来社

 二日前、小生が終業のタイムカードを押そうとしていたところに、河内静魚先生と、今度小社で句集を上梓されるという尾崎人魚さんが見えられた。早速、句集制作担当スタッフの青木が相談相手となって、色々お聞きした。

小生はといえば、図々しく、来社の記念に写真を撮らして下さいと頼んだった。

静魚先生も人魚さんもにこやかに写真に納まっていただいた。

静魚主宰誌「毬」5月号には、「季節のことば」と題して・・「鳥帰る」、

   津波残す瓦礫の上を鳥帰る        静魚

の句とエッセイが載っている。

次のページの終りの句に「育ちし地相馬震災」と前書があって、

  春の闇泣かさうとでもするやうに

の句が置かれている。前号の「毬集転々3月号」・秀句として(静魚選)、

  初鴉平らかなりし一丁目    人魚

の句が目に飛び込んできた。それにしても、静魚に人魚、「毬」には、やはり「あべ 毬」という人もいらっしゃる。俳号まで魚づくし、毬づくし にしようと企んでおられるのかどうか?そこは聞き忘れてしまった。

ともあれ、いつものことだが、句集を出されるということを聞くだけでも、何か新しいことが、いいことが起きそうな気持がして、関係ない小生までが、少し心が浮き立つから始末に終えない。

| コメント(2)

コメント(2)

  

大井様

こんな風に取り上げていただけるなんて、びっくり致しました。
私のつたない俳句まで載せていただき、感激です♪
ありがとうございます。

コメントする