2011年6月22日

「俳句界」7月号・・・

「俳句界」7月号

 月刊「俳句界」7月号が出来上がってきた。別冊付録「現代カタカナ語俳句集」が付いている。

取次ぎにも今朝納品なので、25日(土)には全国主要書店にには並ぶはずである。

大特集「日本伝統俳句協会」という特別バージョンなので、連載を除いてほぼ丸ごと一冊日本伝統俳句協会関連記事ということになる。

「佐高信の甘口でコンニチハ!」のコーナーも稲畑汀子ホトトギス主宰。巻頭3句など作品欄もすべて伝統俳句協会員である。

 特別作品21句は稲畑廣太郎、坊城俊樹両氏、今後の日本伝統俳句協会を背負う期待のかかるお二人である。俳句界NOWは山田弘子氏の急逝を受けて,昨年「円虹」主宰を継承し、日本伝統俳句協会賞を受賞した、これも期待の山田佳乃氏。

 その中で、まったく別の趣で、長谷川櫂氏への緊急インタビュー「詩歌の力」が掲載され、グラビア写真がかっこいい。江ノ電の過ぎると同時にカメラマンのシャッターが切られている。本文記事中の写真も海辺を歩く動的な櫂氏が、これまたかっこいい。

紗羅ほか

| コメント(4)

コメント(4)

  

伝統俳句協会の記事が満載とか。早く到着しないかな。

  

一気に7月号読み終えました。

コメントする