2011年6月10日

時の記念日・・

 6月10日は時の記念日、無添加の日(六=ム)、(10=テン)でもあるらしい。無糖(六=ム)、(10=トウ)茶飲料の日でもあるらしい。いずれもメーカーの語呂合わせだ。

ものの本によると、「東京天文台と生活改善同盟会が1920年に、『時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう』と制定。『日本書記』の天智天皇10年4月25日(グレゴリオ暦換算671年6月10日)の項に、漏刻を新しき台に置く。始めて候時を打つ。鐘鼓を動す。とあることから。『漏刻』とは水時計のことである」とある。

 時間をきちんと守り、欧米並みというのは、たぶん、当時は時間が守られたためしがなかったからだろう。近代化とは、そういうこと???にちがいない。世の中、コンピュータがどんどん便利にしたが、世の中をどんどん忙しくしてしまった。

 ともあれ、本日、本誌7月号は印刷所に校正戻しをした。小生が入社した2年弱前以来、定時(6時前)に初めて校正のすべてを戻した。

 編集長は最終チェックをして、原和子先生との句集の打ち合わせに出かけた。

よってもって、本日は編集部全員定時退社可能日となりました(バンザイ)。

| コメント(0)

コメントする