2011年7月 1日

明日は・・・

F1000217花2.jpg

 本日は、早くも8月号の印刷所への入稿日。

 明日は、編集長・林は北海道は旭川の西川徹郎文學館第一回文學館賞の授賞式(小社刊『白鳥忌』角川春樹が受賞)出席のためにお出かけ。

小生は「朴の花」創刊15周年記念&市川俊徳句集『たんぽぽのポポのポポさん』の出版記念会、七夕の集い俳句大会のために横浜に行くことになっている。

「朴の花」は発行人・長島衣伊子氏が、平成8年10月に創刊した俳句とエッセイの季刊誌。編集人は「俳句界」に「筝漏亭日常」を三年間に渡って連載をしている矢島康吉氏。「筝漏亭」とは、「筝(こと)の音が漏れ聞こえてくるあずまや」のことだと、わざわざ上品を記してある。もちろん永井荷風「断腸亭日乗」からのパクリである。あれやこれや・・・連載は達意の文章でフアンも多い。

著書に小社刊の『古本茶話』がある。

 

img110701b.jpg

 

| コメント(0)

コメントする