2011年11月10日

来年前半の企画会議・・・

 

薔薇・さざんか

 一昨日の読者の集いや山本健吉文学賞に使ったパネルなどが、宅急便で会社に届いた。

 集いでは、シャイな社長らしく、1月号の企画はつならないですが、2月号から期待して下さいと、本気とも冗談ともつかないことをチラッとおっしゃっていましたが、なかなかどうして、1月号は、特別作品21句が長谷川櫂、黛などか。特集「現代俳句の表現革命」、新春座談会、昭和俳句の事件簿「草城ミヤコホテル論争」など、なかなか多彩です。ご期待下さい。

 というわけで、引き続き2月号から先の主要企画について、編集部で話し合いました。まだまだ、公表できるほど煮詰まってはいませんが、よろしく!

 12月号は折丁戻しで校了です。特集は「一億総俳人!人の数だけ詠う理由がある!」です。

薔薇・さざんかvol.2

| コメント(0)

コメントする