2011年12月 9日

朝は雪・兜太氏見舞い・・

慶應病院付近vol.1

 今日はさすがに冷え込んでいる。

 朝の出勤時には雪が舞った。

 その初雪もすぐに霙に変わった。

 天気予報よりもはるかに、天気の回復は早く午後には青空ものぞいた。

 金子兜太氏は明日退院というので、本日、午後三時の面会時間に合わせて、慶應病院に見舞った。

 編集長・林は、湯沢に山咲一星氏のグラビア撮影のために、今日の兜太氏見舞いは小生一人で行くことになった。

 実は、来年3月号の現代俳句協会特集の一企画「金子兜太が選ぶ100句」の締切が今月15日に迫っていることと、その選句のために、年末には、投句されたハガキがお手元に届きますので、よろしくお願いします、という確認もあったのだ(現在までの投句はすでに前回特集のものをはるかに上回り、さすがの兜太人気である)。

 兜太氏は随分お元気に・・、朝日俳壇の選句もここでゆっくりやったよ、と仰っていた。「『俳句界』の方もゆっくりやるよ。普通に選句すればいいんだろ・・・」。

 「海程」は来年創刊50周年の迎えるそうで、そのこともお話された。

 それと、リップサービスだと思うが、「総合誌ではいま、『俳句界』が一番面白いよ。風が『俳句界』に吹いているんじゃないの」、と仰っていただいた。「姜さん(社長)に 『海程50周年』の招待状だすから、伝えといてよ」。

 また、現俳協特集の「魅惑の俳人」は阿部完市だと言うと、「おお、それはいいね」など、ベッドに座わったままで、ずっとお話されて、話は尽きなかったが、明日に備えて、ご家族の方々がいらっしゃったのを機に失礼した。

慶應病院付近vol.2

 閑話休題。

 兜太氏の見舞いから帰ってくると電子レンジが届いていた(写真下)。

 女性社員は大喜び。

 これで、暖かいお弁当が食べられるし、夜には、お燗もできちゃう!

 冬将軍も恐くない?・・・

 その他にも色々使い道はあるらしいが、老生にはよくわからない。

 ともあれ、目出度しだ。

 

レンジ到着

 

| コメント(0)

コメントする