2012年1月16日

薮入(やぶいり)・・

ゆずりはvol.1

 新年16日は、昔風に言うと薮入である。養父入り、宿下り、里下り、宿下り、とも言うらしい。

 いまや死語、限りなく絶滅季語に近い。

 奉公に出ていた人たちが、1日休みをとって実家に帰る日だ。昔の奉公人は正月16日とお盆の16日(後の薮入)しか休めなかった。実家に帰らない人は行楽。

 改造社版「俳諧歳時記・新年」には「大和の俗に、前年嫁したる女、其親里に帰るときは、必ず餅を搗きて祝す。これを十六餅、略して六の餅といひ、薮入を六入ともいふ」とある。また、其角から始まって霞渓子まで120句以上の例句があるから驚く。

   やぶい入りや牛合点して大原迄        其角

   藪入の寝るやひとりの親の側         太祇

   薮入の宿は狂女の隣かな           蕪村

   藪入の頬にもつけよ桃の花          一茶

   藪入や思ひは同じ姉妹             子規

   藪入の悲し子一人母一人           鳴雪

 奉公に出て、まだ、いとけない年の子の里帰りは親子とも切ないものがある。

ゆずりはvol.2

| コメント(2)

コメント(2)

  

藪入りに当たるかどうかわからないが勤務していた会社では能登出身者が多く、盆には帰らず祭が始まる8月20日ごろから秋祭だと言って休暇をとる方がいました。能登人にとっては祭が帰省者が一番多いようです。

コメントする