2012年1月27日

『「まがたま」五周年記念アンソロジー』・・・

まがたまvol.01271

 「まがたま」は平成19年2月に、秋山素子が東京で創刊した季刊誌。師系は原コウ子。「自然への挨拶、人への挨拶、自分への挨拶」を掲げている。 

 その創刊五周年を記念してのアンソロジーである。主宰の秋山素子を含め各人20句とミニエッセイを収めている。部立のⅡ部では、エッセイのみの方もいらっしゃる。

 どこかでうかがったある名の方が・・と思いきや、評論家の松本道介氏だった。松本宗雄氏は、どうやら道介氏のご子息らしい。

 「勾玉、曲玉、まがたま」とは、語源は「まがりたま」のことらしい。

 それにしても、翡翠色の勾玉の神秘や魅惑にだれも勝てない?。

 瀟洒な装丁のこのアンソロジーも魅力的だ。

   雛人形飾りて待つは祖父母なり       藍原公子

   船捧げ流れ着きたり春の安曇野       青山果楠

   朝寒と言ひりんごジャム手渡せる      秋山」素子

   日雷驚き落つる岩一つ             宇山眞理子

   米研ぐはジャズのリズムで水の春      加島葉子

   石けんの泡立ち細か水温む         柏 玲子

   常のごと早起きをして雑煮食ふ       川上登美枝

   合歓の花皇后様の生家跡          黒田雅子

   年迎ふ御神木の幣真白            駒木寿美枝

   ひな鳥の巣立し後の静けさよ        小山和子

   初鰹お前はどんな海を見た          田中伸吾

   記念樹のふくらみ始む桜かな         名嶋惠子

   みどり児を抱く両手の春立ちぬ        花本智美

   むくげの芽ほのかに赤児の気配あり     松本道介 

   捩花も陸上選手も左回り            由良桃子

編集長は、本日は午後から「蘭」の40周年祝賀会に出かけている。

スタッフの松本、三東は3月号第三コーナーに差しかかっている。今日も遅くまでお仕事・・・・。老生の私はそろそろ退散・・・・。

ご自愛、ご自愛・・・・。

下の写真はA氏よりメールで送られてきたリラダンの紋章。

リラダン紋章.jpg

| コメント(0)

コメントする