2012年2月22日

今日は虚子の誕生日・・・

農工大 題詠句会vol.1202221

 1874(明治7)年、2月22日に高濱清(虚子)は、愛媛県温泉郡長町新町(現・松山市湊町)に生まれ、9歳のときに祖母の実家である高濱家を継いだ。1888(明21)年に伊予尋常中学(現・松山東高校)に入学し、河東碧梧桐と同級になり、碧梧桐を介して正岡子規に俳句を教わった。そして、子規から虚子の号をもらったのだ。1893(明26)年、碧梧桐とともに、京都の第三高等学校(現・京都大学)に学んだ。

 虚子と碧梧桐は寝食をともにし、下宿を「虚桐庵」と名付けていた。翌年三高の学科改変によって、二人は仙台の第二高等学校(現・東北大学)に転入することになった。しかし、虚子は中退して、上京子規庵に転がり込む。1891(明28)年、自らの命を長くないと覚悟していた子規は、自らの後継者となるよう虚子に要請する。その要請を断ったのが、いわゆる道灌山事件だ。

 1897(明30)年、虚子は、もともとは碧梧桐の婚約者だった大畠いとと、碧梧桐入院中に親しくなり結婚する。その後、子規の協力もあって、柳原極堂が松山で創刊した「ほとゝぎす」を引き継ぎ、東京に移転さえ、「ほとゝぎす」を俳句だけでなく、和歌、小説などを加えて文芸誌として漱石などの寄稿を受け、部数を伸ばし、みずからも小説に没頭した。

 その後、1910(明43)年、一家は鎌倉に居を移し、以来50年間を過ごすのである。そして、1913(大正2)年、一世を風靡していた碧梧桐に対抗し、俳壇に復帰した。

   春風や闘志抱きて丘に立つ     虚子

 文字通り、ホトトギス雑詠欄に大正俳句の巨星(前田普羅、渡辺水巴、村上鬼城、原月舟、長谷川かな女、室積徂春、原石鼎、石島雉子郎、原田浜人、長谷川零余子、野村喜舟、飯田蛇笏、野村泊雲、吉岡禅寺洞、青木月斗、高田蝶衣、岡本癖三酔)などを次々に送り出した。

 虚子が没したのは、1959(昭34)年4月8日、虚子忌といい、椿寿忌という。釈迦の生誕を祝う花まつりの日でもある。

 因みに本誌4月号(3月25日発売予定)は「大正100年ー大正時代を彩った俳人」を特集する予定である。

六本木・智美術館vol.1202222

| コメント(2)

コメント(2)

  

19日に芦屋で虚子生誕祭があったので参加して来ました、募集句の表彰式、「芥川龍之介の俳句」と題した講演会や5組に分かれての小句会、最後に懇親会等一日を楽しんできました。

コメントする