2012年3月 3日

詩歌梁山泊第2回シンポ「詩型の融合」・・・

詩客vol.1

  本日「詩歌梁山泊三詩型交流企画による第2回シンポジウムが、東京・神楽坂の日本出版クラブ会館で行なわれた。

 基調講演は藤井貞和氏(上の写真)。

 東京大学が原子力研究、原子力産業の推進に果たした力は大きく、その倫理の堕落と・・・・、といきなり、脱線気味だったが、詩人は、とりわけ、現代詩を書くというときに、「かた」「かたち」を考える。乳と血(ちとち)、かたち・・ここち、きもち、平仮名で表記すると、そのいずれにも(ち)が入っているなど・・

 震災以後の和合亮一の詩の仕事の成果に言及した。

 もちろん、俳人の具体的作品レジメには記されていた。

 講演の後半では、現代詩、短歌、俳句の違いを「定型詩か」「音数律か」「自由詩か」「口語詩か」「日本語か」とそれぞれに○×△を付して、いささか挑発的に論争が起きるきっかけを与えるような調子で語った。

 さらに、最近の吉本隆明の言説、岡井隆の原発推進の言説にも疑義を呈した。

詩客vol.2

 この基調を受けて、第二部では、司会は詩人の森川雅美に、パネラーに歌人の江田浩司、笹公人、俳人の筑紫磐井、対馬康子、藤井貞和を加えて、刺激的な論が交された。

 

 具体的に最近の藤井貞和の『東歌編ー異なる声 独吟千句』(カマル社扱い)の試みについても話が及んだ。

 これについては来る3月11日、藤井貞和と参加者が朗読を行い音は高橋悠治、港大尋14時から、スタジオイワオというところでやるという。

 これら、シンポジウムの成果については、たぶん「詩客」サイトでも引き続き検証されていくと思われる。

 シンポジウムのあとは、懇親会で熱心に続きに話が会場のあちこちで行なわれていた。

 途中の挨拶では、俳人からは高原耕治が「みんなは生き延びるための話ししかしない。ホントはそれでは生きていけない。滅びの話しもされなくてはならない」と熱く注文をつけていた。歌人からは髙柳重信の息女・髙柳蕗子氏など、参加者の多彩ぶりが印象に残った。

 ともあれ、詩人・歌人・俳人たちは、3.11以後の作品をどのように紡いでいくべきか、膂力を振り絞っているのだ。

詩客vol.3

| コメント(0)

コメントする