2012年3月27日

まだまだ寒い・・・

さんしゅyu.jpg

 午後7時過ぎに一服(お茶)しようと外に出たら、北風と西空にちょうど金星・木犀・月が弓なりに輝いていた。

 事務所は8階にあるのだが、一階のラーメン店の側のコンビにが閉店してから空家だったのだが、

やっと、というべきか、ようやくというべきか「カフェ ド プリン」という店がオープンした。

 早速、ケーキ50円引きのチラシをもって、入店したがすでに売り切れだった。

 皆さん、考えることは同じのようだ。

 ところで、今日の編集部は、編集長は「隗」(主宰・大山雅由)の清瀬吟行に取材ということで、朝から直行して本日は一日不在となった。

 頼りにされているスタッフの女性諸氏は奮闘中である。

 愚生は・・、朝の社長からの電話に「元気が無いね~」と言われて、思わず「妻は病床に臥し、子は飢えに泣いておりますゆえ・・」と小説的フィクションで応えてしまった。

 ともあれ、人生わずか五十年、下天のうちを比ぶれば・・・ではないが、かの西鶴も「定年の五十を過ぎて末もニ年」と言って事切れた。

 江戸時代より現代は寿命が延びているとはいえ、春が近いと愁いも生じてくるのである。

 嗚呼・・・・

夢まぼろしの如くなり

| コメント(0)

コメントする