2012年4月10日

5月号校了・・・

国立 上野vol.1

 校了で今月も一山越えたことになる。

 編集長は明日、豊田都峰氏グラビア撮影のために前日入りで京都に出かけた。

 撮影場所は「京鹿子会館」の予定だそうである。

 今年の遅い桜が、今は満開なのではなかろうか。

 明日からは6月号の準備に入ることになる。

 

国立 上野vol.2

 

 通勤の途中で、毎朝、府中側から小金井側の「はけの道」に続く坂道を登って、都立・滄浪泉園の側を通るのだが、半月ほど前から毎朝、鶯の鳴き声を聞きながら、その坂道を登っている。

 息切れしながらも我慢して登る。この坂が上れなくなったら会社勤めも終わりだな~と思いながら・・

こどもが道に落書きした絵も写真に収めた(下の写真)。

 

国立 上野vol.3

 そう広い公園ではないので、入場料は100円。愚老はまだ2~3回しか入園したことはない。

 ただ、側の道を通るだけだが、ゆずりは、青木、桐、梅、桜、さまざまの花に出会うことができる。

 これからの季節、銀梅花はことのほか美しい。

 もっとも、夏は薮蚊の天下で、園の中を少しでも歩こうものなら、集中砲火をあびるようなものだ。

 この坂道にいたってけっこう刺される。

 たぶん、中の庭園の一番低いところにある池のせいで蚊がわいているのだろう。

 いつだったか、蛇の抜け殻もあったし、道には轢かれたトカゲ、ミミズなども見かけた。

「はけの道」に沿っていくと湧き水がある。たぶん断層の下に位置しているせいだろう。

活断層だったら、地震がきたら、少しあぶないような気もする。

ともあれ、いまは桜が満開だ。

国分寺海道沿いには、ヤマザクラもけっこうあるが、それはまだ咲いていない。

 

国立 上野vol.4

 

| コメント(2)

コメント(2)

  

五月号が楽しみです。当地は梅、山茱萸など今になつて満開、桜の満開が待たれるこの頃です。

コメントする