2012年4月13日

「俳句さく咲く!」・・・

NHK 020.jpg  

 昨日、NHK・Eテレ新番組(4月29日スタート)の取材会があって、小社スタッフの三東有紀が取材に出かけた。

 番組は、宇多喜代子氏が、若手のミュージシャン・芸人、アイドルなどを迎えて、全国の若者から投稿された「俳句にしたいエピソード」を皆で完成させるというものらしい。なかに3分間の連続ドラマ「俳句王子への道」などというのもあるらしい。

 すでにして老兵はさるのみの愚老などは、若いタレントの名前などいくら言われてもちんぷんかんぷんだ。俳句王子は秋元龍太郎、王子のライバルは真山明大、王子のマドンナの恋人は柾木玲弥だそうな・・・。

 ともあれ、宇多喜代子氏は「若い人たちのための俳句の窓口になりたい」と抱負を語っておられたという(泣けてきますねェ)。ちなみに4月29日の学習テーマは「定型」。スタジオは「桜」の題詠らしい。

 短歌の方は「短歌de胸キュン」だそうである。比べると「俳句さく咲く!」は少し地味だなあ。若者の胸キュンとはならないのかな~。歌人は左伯裕子氏、近藤芳美に師事し「未来」所属の団塊世代歌人。

 それにしても、今も昔も若者といえば、恋の歌、恋の句とは、これいかに・・・。

庭パンダvol.01

庭パンダvol.02

 

| コメント(0)

コメントする