2012年4月18日

念ずれば花ひらく・・・

道々の花4月vol.1

 昼休みによく行っていた蕎麦屋がなくなったので、新たな蕎麦屋を探していたら、

 和服の女性が座っている古書店の100円コーナーで「牧神」2号(1975年5月刊)という雑誌を懐かしくなって買ったら、加藤郁乎氏の童話「トラ」が載っていた。

 さらに『自選 坂村真民詩集』も100円で・・・

 改めて、「念ずれば花ひらく」をパラパラとめくり、「わたしは墓のなかにはいない」という詩行にぶち当った。

 

坂村真民vol.1

  

  わたしは墓のなかにはいない。

  わたしはいつもわたしの詩集のなかにいる

  だからわたしに会いたいなら

  わたしの詩集をひらいておくれ

  

  わたしは墓を建てるつもりで

  詩集を残しておくから

  どうか幾冊かの本を

  わたしと思うてくれ

  

  妻よ 三人の子よ

  法要もいらぬ

  墓まいりもいらぬ

  わたしは墓の下にはいないんだ

 

  虫が鳴いていたら

  それがわたしかも知れぬ

  鳥が呼んでいたら

  それがわたしかも知れぬ

  魚が泳いでいたら

  それがわたしかも知れぬ

  花が咲いていたら

  それがわたしかも知れぬ

  蝶が舞うていたら

  それがわたしかも知れぬ

 

  わたしはいたるところに

  いろいろな姿をして

  とびまわっているのだ

  墓のなかなどに

  じつとしてはいないことを知つておくれ

 

チユーリップ.jpg

 今日の編集部は、5月ゴールデンウイークの余波で、来週末に大山場を迎えるので、早くも編集長・林は会社で徹夜・・・

愚老は、もちろん寄る年波には勝てないので、早々と退社・・(許されよ)。

 

道々の花4月vol.2

| コメント(0)

コメントする