2012年5月16日

透谷忌・・・

小金井道の花vol.4

 今日は、詩人にして評論家、作家でもあった北村透谷の亡くなった日だ。

 本名は門太郎。数奇屋橋に住んだので、もじってペンネーム「透谷(すきや)」が元になったらしい。

 ともあれ、北村透谷は1894年に自殺、25歳4ヶ月だった。

 みどりご

 ゆたかにねむるみどりごは、
      うきよの外(そと)の夢を見て、
 母のひざをば極樂の、
      たまのうてなと思ふらむ。
 ひろき世界も世の人の、
      心の中(うち)にはいとせまし。
 ねむれみどりごいつまでも、
      刺なくひろきひざの上に。

 書簡の句に、

    のぼる日も入る日も尽きぬ千松島        門太郎

 

小金井道の花vol.5

| コメント(0)

コメントする