2012年5月18日

『佐高信の読書日記』・・・

佐高本vol.1

 昼頃、一転し黒雲に覆われ雷雨となったが、今は青空である。

 まだ風だけは強く吹いている。

 例によって、昼をさっさと済ませて、馬場口を早稲田方面に下った。

 ある古本屋の百円コーナー、『佐高信の読書日記』に目が止まった。

 社会思想社の教養文庫から出ていた本である。

 佐高信は言わずと知れた本誌「甘口でコンニチハ!」の主人である。

 自ら「改めてこの本が私の原点となっていると思った」とある。

 教養文庫には数々の思い出がある。

 廃業してしていまは出ていない本なので値が高くなっている本も多い。

 『戦後の俳句』『戦後の短歌』『日本の映画』や『芭蕉名句』『現代詩を求めて』など、

 けっこう世話になったことは覚えている(中味はすべて忘却・・)。 

 『読書日記』の最初の部分に、カバンの中に弁当のほかにいつも三、四冊の本が入っていて(種類が違う)、そのなかに山本健吉『現代俳句』や近藤芳美『無名者の歌』、真壁仁『旅の随想集』が座右の書としてあるという件のあとに、中井英夫『黒衣の短歌史』は確実に四度は読み返し頬擦りしたい愛着の書であると、あった。

 潮新書で出ていたこの本は、中井英夫存命中にワイズ出版から『増補 黒衣の短歌史』として出版された。そのときに、愚生は、今の若い人たちにはよく分らないことがあるだろうと、その本の下段部分に配することになった注の項目のほとんどを手伝って書いたのだった(懐かしい思い出だ)。

 また『読書日記』の「あとがき」に『出版ニュース』編集長・清田義昭氏の手によって、この本が出ることになったと記されてあり、その清田氏にも愚生の若い自分に、いくつかの場面でお世話になっている。

もともとが、佐高氏に直接お会いした最初は、過労死110番の川人博弁護士の事務所開きのときである。

佐高氏はもちろん覚えておられないだろうが、当時はまだ愚生は地域ユニオンの活動をしていて、愚生の労組が刑事弾圧を受けたときの弁護団のうちの一人が川人弁護士だった。まだ弁護士になって日も浅い駆け出しの頃、一緒に行動的し、随分と世話になった。あれから30年が経過している。

 「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」・・・とはいえ、必敗とわかっていても戦わなければならない場合もある。

 花に嵐のたとえもあるが、世の中、なかなかうまくはいかない。嗚呼・・・

佐高本vol.2

 

   赤い十字架 ぎな残るがふのよかと       恒行

             (運のいい奴が生き残る)

 

赤い十字架vol.1

| コメント(0)

コメントする