2012年7月26日

昨日は秋元不死男忌・・・

7月の花 馬vol.1

 昨日は中尾寿美子について、齊藤愼爾氏にインタビューをしたことを書いたが、

 その日、7月25日は秋元不死男忌だった。没後35年である。

 中尾寿美子も齊藤愼爾も不死男「氷海」門である。

 不思議な縁を感じた。

 その秋元不死男は昭和52年7月25日に没した。享年75。

 横浜市に生まれ、本名は不二雄。旧号は地平線。

 昭和5年嶋田青峰主宰「土上」に拠り、新興俳句運動の一翼を担った。

 東(ひがし)京三の名で、評論を書いた。生活に即したリアリズムを提唱。

    (さむ)や母地のアセチレン風に欷(な)き       不死男

 昭和16年2月、治安維持法違反で、いわゆる新興俳句弾圧事件によって検挙され、約二年間獄中にあった。

 戦後、山口誓子「天狼」により、天狼東京句会を母体として「氷海」を発行した。

 門下に清水径子、上田五千石、本宮鼎三、中尾寿美子、藤井亘、鷹羽狩行、秋澤猛などがいた。

 没時は、俳人協会副会長を務めていた。

 今日の編集部は、スタッフ松本は、対談のまとめで自宅作業だった。

7月の花 馬vol.2

| コメント(0)

コメントする