2012年8月 3日

東京堂書店神田本店へ・・・

サルスベリ 東京堂8月vol.1

 午前中、取次ぎの日販から栗田出版販売に9月号の仕入れ搬入部数決定交渉を行った。

 栗田出版販売が九段下に移転したので、かねてより、時間ができたときに足を神保町方面に伸ばしてみようと思っていた。

 実に久しぶりに東京堂書店神田本店に行った。

 改装されてから行っていなかったので、看板がBooks Toukyodoになり、窓際3階までPaperBook Cafeになっていたのには、さすがに時代の変遷を感じた。

 ともあれ、1F文芸誌の棚の「俳句界」をチェックし、ついでに雑誌担当者に挨拶をしようと思ったが、あいにく休憩で会えなかった。

 その昔、僕と同じ世代?で名物店員のHさんいう変わり者のの詩歌担当者がいたが、風の噂にあちらの世に逝かれたとも聞いていた(俳句も少しやっていたらしい)。昔は、神田の本屋といえば、三省堂も書泉もあったが、文芸詩歌の棚は、なんと言っても東京堂書店が圧倒的に強かった。ここに行けば、他の店に回る必要は感じなかったのだ。

サルスベリ 東京堂8月vol.2

 

 すずらん通りから表通りにでたら、「本と街の案内所」があった。

 ご自由にお持ち下さいのパンフ類(JNMBOUCHO古書店MAP)を手にして案内所を出た。

 外は、太陽が照り付けていたので、やけに熱く、「太陽が悪い・・」とつぶやくまえに、昼の食事をして帰社することにした。

サルスベリ↓

サルスベリ 東京堂8月vol.3

| コメント(0)

コメントする