2012年11月24日

HIA第14回講演と俳句大会・・・

ラーシュ・ヴァリエ氏

ラーシュ・ヴァリエ氏↑

 11月24日(土)、アルカディア市ヶ谷において、HIA第14回講演と俳句大会が行なわれた。残念ながら、予定されていた日中国交正常化40周年記念特別講演・劉徳有(中国漢俳学会会長)氏の講演は中止になったが、もう一人の記念講演・ラーシュ・ヴァリエ氏(駐日スウェーデン大使、俳人)は「詩歌句とポエジー」と題して、流暢な日本語で話をされた。

 氏はスウェーデンの平和主義による中立政策は200年間にわたって戦争をすることなく、日本の江戸時代に似ていると評されながら、スウェーデンの俳句事情、スウェーデン俳句協会、自ら設立したフリー俳句協会のことなど、俳句作品のよしあしなど率直に縦横に語った。

 また、俳句大会の表彰も行なわれた。受賞作は以下の通り。

・国際俳句交流協会賞

    蜩の集まつてくる無言館        神作仁子

    不器用に生きて八十路や花茗荷   長谷川治恵

・俳人協会賞 

    岬あれば灯台があり鳥渡る      草野准子

・現代俳句協会賞

    昼顔や破船の舳沖を指す      坪井祭星

・日本伝統俳句協会賞

    風向きを少し気にして秋刀魚焼く  伊藤節子

・日本経済新聞社賞

    広重の絵が動き出す大夕立     吉村玲子

・ジャパンタイムズ社賞

    フィヨルドにグリーグを聞く白夜かな 藤野尚之 

有馬朗人氏↓

有馬朗人氏vol.1

コウテイダリア

コウテイダリア↑

| コメント(2)

コメント(2)

  

皇帝ダリアわが家でも咲き出しました。去年は途中で枯れて仕舞ましたが今年は無事に咲きだしました。

コメントする