2013年1月21日

寒中お見舞い・・・

寒中お見舞いvol.1

 昨日が大寒・・・いよいよ寒さも極まってきた。

大寒というと、愚生は、どうしても飯田龍太「大寒の一戸もかくれなき故郷」の句を思い出す。

他にも龍太は多くの大寒の句を残している。

龍太の第一句集『百戸の谿』の風景がそこに在るように思える。

     大寒の洩れ灯刃をなす家ばかり      龍太

     大寒の赤子動かぬ家の中

     大寒の薔薇に異端の香気あり

     大寒の雲に真近く栖みゐたり

愚生が最初に手にした龍太の句集は『定本 百戸の谿』(昭和51〈1976〉年、牧羊社)である。初版は昭和29年、書林新甲鳥刊である。

三橋敏雄の朝日文庫解説によると、定本句集には、昭和21年以前の14句が追加されたとある。

 その後、廃刊した「俳句とエッセイ」(牧羊社)に、愚生は、初めて俳人論として飯田龍太論を執筆した。それは、確か龍太が勲章を受賞したお祝いの意味を兼ねた特集であったように思うが、ほとんど覚えていない。

ただ、当時、駈け出しの編集部員だった島田牙城(現・邑書林)が、思わず掲載をためらい、首を覚悟したという話しをあとで聞いた。

編集部への愚生起用の推薦者は、坪内稔典だった。

 右も左も分らなかった愚生が龍太俳句の拠ってきたるところを真剣にしたためたつもりだったが、思えば、常識はずれの赤面の至りである。あれから、すでに30年の歳月を閲して、いまだに愚生は青二才だから始末に負えない。

   一月の川一月の谷の中

寒中お見舞いvol.2

| コメント(2)

コメント(2)

  

 一月の川一月の谷の中
大好きな句です。
金沢は積雪がほとんどありませんが、やはり大寒は寒さが堪えます。

コメントする