2013年2月25日

出版記念会と「都市」5周年祝賀会・・・

中村裕氏と遠山陽子氏vol.1

中村裕氏と遠山陽子氏↑

 昨日は祝賀会の梯子になってしまった。

一つは、アルガカディア市ヶ谷で行なわれた「鏡」の会(発行人・寺澤一雄)による遠山陽子著『評伝・三橋敏雄ーしたたかなダンディズムー』(第4回桂信子賞受賞祝い)と中村裕著『疾走する俳句 白泉句集を読む』の出版を祝う会で、もう一つは、町田・ホテル・ザ・エルシーで行われた「都市」(主宰・中西夕紀)5周年記念祝賀会である。「都市」5周年のほうは、祝賀会に先立って筑紫磐井氏の講演会も行なわれた(残念ながら愚生は聞けなかった)。

前者の出版を祝う会は、司会進行を村井康司氏と佐藤文香氏、高橋龍氏の来賓の挨拶で始まり、池田澄子氏の挨拶、乾杯の音頭は桑原三郎氏がとった。そのほか安西篤、澤好摩、川名大各氏の挨拶があったが、愚生は「都市」祝賀会に出席するために残念ながら中座した。

右から3人目が中西夕紀主宰↓新同人の方々と。

右から3人目が中西夕紀主宰

「都市」5周年祝賀会は極内輪でということであったので、来賓は筑紫磐井氏(「豈」発行人)と鈴木忍氏(「俳句」編集長)、そして愚生の3人のみであった。

創刊から5年、内部での団結力を今後の10年周年に向けて、俳句史を視野に入れた外に開かれた「都市」にしたいと中西主宰は抱負を語った。

ジンチョウゲ↓

ジンチョウゲvol.2

| コメント(0)

コメントする