2013年3月29日

攝津資子インタビュー・・・

攝津資子インタビューvol.1

 昨日、本誌6月号「魅惑の俳人・攝津幸彦」のために攝津資子(もとこ)夫人にインタビューをお願いした。

インタビューの後に、酒巻英一郎宅にお伺いして、攝津幸彦と安井浩司が酒巻宅で深夜酔っ払って、新築なったばかりの襖に、筆で書きなぐった「奥の細道」を撮影させてもらった。その折、攝津幸彦は安井浩司のネクタイを首に巻き、安井浩司は攝津幸彦の着ていたシャツを着て、合わせて帽子もそのままにそれぞれの家路に向かったという。そのネクタイはいまだに攝津家にあり、幸彦のシャツと帽子は、その後、幸彦逝去の折に、秋田の安井宅の庭で安井浩司の合掌とともに、荼毘に付され、今はその思い出だけが残されているのだ。

攝津資子には『幸彦幻景』の一本があり、それは、「紫」に平成12年7月から平成16年11月まで4年間にわたって連載されたものを纏めたもの。「豈」同人であった山﨑十生(「紫」主宰)が、とにかく一回でいいからと夫人の資子さんに攝津幸彦について書いて下さいと慫慂し、そのまま連載に移行したものだ。

家では、仕事の話も一切せず、もちろん俳句の話もしなかった幸彦。家庭では一度も激昂したことはなかったという。もちろん、会社(当時・旭広告通信社勤務)でも俳人であることは、全く伏せていた。

幸彦の葬儀には、会社関係俳人関係合わせて約千人以上の方々が来られたようだが、記帳されたその名が、どちらのものなのか分らなかったとの話だった。

つまり、幸彦逝去後、一周忌の偲ぶ会が行なわれることになって初めて、幸彦の俳人としての姿とビジネスマンとしての姿が全句集や、会社同僚の編んだ『幸彦文集』によって統一され明らかになったのだった。

ともあれ、49歳で夭逝した幸彦の俳句は、まぎれもなく新しかったのだ、ということが死後17年を経る今頃になって、明らかになりつつあるといえよう。

 攝津幸彦と安井浩司が書きなぐった酒巻邸の襖↓

攝津幸彦と安井浩司が書きなぐった酒巻邸の襖vol.2

 今回のインタビューで資本夫人の幸彦の好きな俳句を3句挙げていただいたが、それは本誌6月号を楽しみにお待ちいただきたい。

        南浦和のダリヤを仮りのあはれとす       幸彦

        幾千代も散るは美し明日は三越

        南国に死して御恩のみなみかぜ

        階段を濡らして昼が来てゐたり

        国家よりワタクシ大事さくらんぼ

        

 発表された最期の句は、小冊子「そして」に載った

       糸電話古人の秋につながりぬ      幸彦

ヒトリシズカ↓

ヒトリシズカvol.1

| コメント(0)

コメントする