2013年4月 5日

5月号・取次ぎ各社と部数交渉・・・

丸善お茶の水店の「俳句界」

 丸善お茶の水店の「俳句界」↑

 昨日、今日は5月号(4月25日発売予定)の仕入れ搬入部数を決めるための交渉を各取次ぎ会社の仕入れ窓口と行った。

 前号、前々号の売れ行きについて、3月号別冊付録「平成俳句名鑑」は大冊でしかも定価が通常号のほぼ倍の1800円であったにも関わらず、実売数が落ちずにホッとした。

 読者の皆さんに感謝したい。

 午後、帰社してからは、来週搬入・発売予定の書籍、角川春樹句集『夕鶴忌』、諸岡正明写真俳句集『百花繚乱』の新刊見本と部数交渉の伝票類に追われた。

 ハプニングは何と言っても、その伝票の予備が無くなっていたことで、取次ぎ会社に買い求めに行くのに、5時までに30分を残すのみだったことだ。

 とにかく、間に合うようにとトーハンの店売窓口に、地下鉄に飛び乗って、走ってたどりついたのが閉店5分前・・・。やっと間に合って、無事伝票をゲット。

 もし、間に合わなければ、来週月曜に取次ぎ会社で、その場で記入する羽目におちいるところだった。

クワバラ・・クワバラ・・・

 これで疲れ切ってしまったが、何としても5月号の校正(子ども新聞の句のチェック)を今日中に終わらせておかないと、(次週初めは、今度は書籍の取次ぎの見本搬入が待ち構えているので)にっちもさっちもいかなくなるところ。

 ともあれ、老体には少し応えるハードさだったが、かつての新蔭流の足捌きは、いまだにかろうじて残されているようだった(でも、少し息は上がっているかも・・・)。

ハナモモ↓

ハナモモvol.2

| コメント(0)

コメントする