2013年5月30日

福島せいぎ句集『遊戯』・・

福島せいぎ句集『遊戯』vol.1

 「遊戯」は、仏典や荘子に倣って「ゆげ」と読ませるのだそうである。

著者「あとがき」によると「本来『遊戯』は『遊び戯れること』であるが、人生は楽しむべきものだと思っている。七十歳を過ぎてから、晩年を意識するようになったが、反面、人生前無向きに、夢に向かって生きたいとも思うようになった」とある。

僧職にあるとはいえ、見事な心栄えである。

   かづら橋揺るる高みを梅雨の蝶   せいぎ

   山門の閂固し蝉しぐれ

      わが家に落雷あり

   落雷に腰を浮かせし観世音

   父の胸うすくなりたり天瓜粉

   死ぬものにむらがる赤き山の蟻

 

福島せいぎは「なると」主宰にして「万象」(主宰・大坪景章)同人。「なると」の初代は森龍子、沢木欣一を師系とする結社で、1975年(昭和50)に創刊され今年5月号で400号を迎える。沢木欣一の「即物具象」の理念が生きている雑誌のひとつだろう。

『遊戯』はすでにせいぎ氏の第七句集、平成20~24年までの5年間、自選300句、主宰誌400号記念出版でもある。せいぎ俳句は「私たちが忘れがちな『笑い』を大切にしている。そこから感じられてくる『あはれ』がある」とは大坪景章氏の評である。

ともあれ、最後に愚生の好みに触れた句をあげておきたい。

   元日の晴れて大きな人の影

   ひろしまの戻る寒さを妻とゐる

   箱廻しねぎらふ雪の楮小屋

   熱き湯をかけて包丁始めかな

   ふらここを負けず嫌ひの姉妹漕ぐ

     四月十八日母の命日なれば

   父に会ひ母に会へざる春の夢

   としこのに踊り出すなり生身魂

   となめして空を流るる赤とんぼ  

アジサイ↓

あじさい.jpg

| コメント(0)

コメントする