2013年8月のブログ記事

2013年8月27日

小川トシ子句集『夢風車』・・・

句集『夢風車』

 句集名は、

  春耕の真ん中にある夢水車    トシ子

山崎聰「響焔」主宰は、その序に、

  小川さんの住む印旛沼湖畔にある大風車は、風車だから風があれば

 回り、風が無ければ止まる。まわりは一面花畑で、四月のチューリップの時季には多くの観光 

 客で賑わう由。

  作者はそんなことすべてを呑み込んで、その風車を"夢風車"と詠った。彼女の生活のすべ

 て、希望も未来も、すべて乗せて回る、文字通り"夢水車"なのである。集名とした所以であろ

 う。

と述べている。 まさに、その通りであり、作者が「夢」と付した手柄であろう。ただの「水車」ではないのだ。水車の句は、他にもある。

  蓮萌え風車ゆっくり廻り出す

  風を待つ佐倉の風車チューリップ 

風車の背景となる風景には風があり、空がある。そのかなたには天を思う作者がいる。

  裸木のてっぺん動き定年日

  無防備な空にゆきつき蝸牛

  重心を決めかねている葱坊主

  天辺に花梨が二つ母逝きぬ

とりわけ、愚生の好みで抜けば、

  イヌビワ北限地とあり南風

  晩年の触覚が伸び蝸牛

  彼岸花まっか有刺鉄線のなか

いずれもくきやかな輪郭を持った句である。

「晩年」とは死を意識するから晩年なのである。その触覚は何をとらえているのだろうか。

有刺鉄線の中はそれだけで、彼岸花の赤を際立たせる。もはや向こうへは行けない境界を示してさえいよう。

 ともあれ、

   師のことばまっすぐ胸に姫女菀

とは、羨ましい限りだ。

 ひょうたん.jpg  

閑話休題・・

昨日は、某「結社誌」のコピーをとるために、俳句文学館にでかけた。

いつもどなたかにお会いするし、文学館のスタッフの方にもいろいろお世話になる。

めずらしい人といえば、外山一機氏に会った。

気鋭の若手俳人で、その評論にはいつも注目している。

辛口という一般的な言い方ではない、現状の分析力には注目していい光るものがある。

その他、よくお会いするのが中嶋鬼谷氏、最近『峡(かい)に忍ぶー秩父の女流俳人、馬場移公子』を上梓されている。

また、島谷征郎氏にも・・・

ひまわりvol.3

| コメント(0)
2013年8月21日

読者から・・

img130821-a.jpg

img130821b.jpg

 久しぶりに、会社に・顔をだしました(しばらく家人の家事の手伝い・見習いに専念〉。

10月号の選句関係の仕事や、これまでのたまっていたメールやお尋ねごとに答えた。

その応募や便りのなかに、上掲の写真と便りがあった。

それには、本誌「俳句界」に毎月投稿している方たちで結成されたグループがあると記してある。

その一部を紹介すると、

     昼間からビールを飲んで句会かな      川瀬佳穂(写真上)

  「私たちの結社「詩人の館」は毎月「俳句界」へ投句しているメンバーで結成したグループで  

  す。おもな仲間としてあるじである私・川瀬のほかに、梅村芳恵・大久保菜津子・岩井平八

  郎・頼道真など が切磋琢磨しています」。

また、

    白い蝉生きているって言ってみろ     梅村芳恵(上の写真下)

   

   「職場の清掃職員が、朝、空蝉だと思って拾い、少し重かったので、傘の先につけていた

  のだそうです。そうしたところ、傘の柄をどんどん登って、止まったと思いきや背中が割れま 

  した。それを見て興奮している私を尻目に「お寝ぼう蝉」は無事飛び立っていきました」。

「俳句界」の読者・投稿者の中でグループが創られているなんて、素敵なことです。小生などにはとても及びもつかない組織力ですね・・・。

秋暑お見舞い申し上げます。

せみどんぐりvol.1

・閑話休題・・

昨夜、福田葉子さんのお招きで、髙柳蕗子(髙柳重信娘)・阿部鬼九男・酒巻英一郎・鈴木純一(小社から刊行の句集『haikainokuni@』中西ひろ美のご主人)・吉村毬子などとご一緒で桜新町の「古無門」でご馳走になりながら、髙柳重信の遺品の書簡類や自筆の句集などを見せてもらいながら、ひとしきり福田さんの重信の思い出話しをしてもらった。

書簡は塚本邦雄、大岡信、飯田龍太、はじめ角川源義、阿波野青畝はもちろんのこと、加藤郁乎、鷲巣繁男、三好豊一郎、三橋敏雄、山中智恵子、佐々木幸綱、松崎豊など錚々たる面々である。今年は髙柳重信没後三十年の節目の年に当たる。

せみどんぐりvol.2

| コメント(0)
2013年8月 5日

第44回原爆忌東京大会・・・

都知事賞の坂田正晴氏vol.1

都知事賞の坂田正晴氏↑ 

 8月4日(日)午後1時から、東京・専売ホールに於て、第44回原爆忌東京俳句大会が開催された。

開会の挨拶に続き、黙祷が行なわれ、主催者挨拶は代表委員の田中陽氏。

続いて長崎県知事・中村法道、広島市長・松井一實、長崎市長・田上富久各氏のメッセージが代読された。

68年前の8月6日、広島、約14万人。8月9日、長崎、約7万4千人。原子爆弾が投下されて生命が奪われた。

今大会には1267句が投句された。

大会の東京都知事賞には次の句が選ばれた。

  ひろしまの日をからっぽの縄電車     大分県 坂田正晴

坂田氏は重度身体障害者、大分からはるばる車椅子で表彰式に臨まれた。

現代俳句協会賞には、

  原爆忌見えぬものには影がない    山口県  吉次 薫

吉次氏によると、山口市においては毎年9月6日、山口原爆忌(山口のヒロシマデー)が行なわれるという。

それは、1974年9月6日、山口市湯田に「原爆死没者の碑」が建立されてからだそうである。山口は、広島の隣の県にあって、当時、山口市の日赤病院に多くの被爆者が治療のために連れてこられたからだそうである。

また、当日投句された句の最高点句は、

  剃る顔のありて八月十五日    大西昭舟

次点句は、

  八月の太平洋に石を蹴る     加藤静江

三位句は、

  「核」なんぞ要らん西瓜の種とばし 石川貞夫

なお、記念講演は『日本国憲法の危機ー「戦争をする日本」作りの理由ー』と題して、金子勝(立正大学法学部教授)氏が行なった。

原爆忌vol.3

| コメント(2)

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の写真