2013年9月25日

新刊配本取次廻り・・・

img130927a.jpg

書籍の取次ぎ委託本の窓口を書籍スタッフ室伏加奈子女史に引継ぐために、各取次ぎ会社廻りに同行した。

今回、委託する書籍は、小林清人著『西国窯紀行』と第三回北斗賞受賞者・髙勢祥子句集『昨日触れたる』である。

窓口はけっこうすいていたので、思ったより早く終った。

愚生はその後、澁谷にある漢方医のところに一ヶ月分の煎じ薬をもらうために、診察を受けた。

これも、以外とスムーズに終って、時間に余裕ができたので、かねて観たいとおもっていた東急文化村ザ・ミュージアムで開催中のレオナール・フジタ(藤田嗣治)を、思いたったら吉日で観た。

レオナール・フジタvol.2

ポーラ美術館所蔵を中心だったので、戦争画はみられなかったが、子どもたちの絵はじつにたくさん展示されていた。

どの子どもの絵も、少しグロテスクに感じてしまうのは、ぼくの感受性の素直じゃないせいかもしれない。

それにしても、パリ画壇で賛辞をあびた裸婦の乳白色を創り出すために、シッカロール(ベビーパウダー)が使用されていたというのは、初めて知った。

ほかに交流のあった、モジリアニ、スーティン、バスキンの数点が展示されていた。

ともあれ、タイル画の連作「小さな職人たち」は職人たち(仕立て屋、たばこ屋、焼き栗売り、警官、羊飼い、石炭運び、刃物とぎ、風船売り、家具師など・・)いわば貧しい階級のそれは、興味深かった。

レオナール・フジタvol.4

| コメント(0)

コメントする