2013年10月27日

第50回現代俳句全国大会・・・

第50回現代俳句vol.1

左より宇多喜代子・近恵・山田征司・大竹照子・星野昌彦・照井翠・宮坂静生各氏↑

 

10月26日(土)、東京上野・東天紅で、第50回全国俳句大会が開催された。

当日は、台風27号、28号の直撃も心配されていたが、運よく午後には晴れ間も見える天候となり、無事開催された。

記念すべき第50回大会の実行委員長は加藤瑠璃子氏。また、第31回現代俳句新人賞・近恵、第33回現代俳句評論賞・山田征司、第14会年度作品賞・大竹照子、第68回現代俳句協会賞・星野昌彦、同特別賞・照井翠各氏の表彰が行なわれた。

大会作品の全国大会三賞作品は、

     ・大会賞  雑煮食うも骨をひろうも箸の国   大分県 河野輝暉

           花茣蓙に毀さぬように母を置く   熊本県 北野昭夫

 ・毎日新聞社賞 いるだけでいい父がいる夏座敷   埼玉県 尾堤輝義

なお、大会司会は、若き神野紗希氏。

柳田邦男氏↓

柳田邦男氏vol.2

記念講演は「深い深い言葉の源を探して」と題して柳田邦男氏。氏は折笠美秋「微笑が妻の慟哭雪しんしん」や高野ムツオ「春光の泥ことごとく死者の声」などを引きながら、「いのちの危機とことば」「いのちを映す言葉」のよってきたるところを説き、アウシュビッツから生還したフランクル「夜の霧」から「それでも人生にイエスと言う」で人生を肯定して生き抜くことを語った。

ドナルド・キーン氏↓

ドナルド・キーン氏

また、ドナルド・キーン氏が現代俳句大賞受賞式に前回はアメリカにいて出席出来なかったからとわざわざ挨拶に見えた。

次回の大会は名古屋で行なわれる予定、実行委員理事の永井多美子氏がその成功への協力を訴えて閉会した。

中央・永井江美子氏↓

中央・永井江美子氏

5時からの懇親会、さらに愚生は久しぶりに二次会まで、宇多喜代子、高野ムツオ、照井翠、新人賞の近恵、さらに青年部部の橋本直、田島健一、神野紗希各氏などとお付き合いし、久しぶりに年甲斐もなく午前様となった。

第50回現代俳句vol.2

| コメント(0)

コメントする